ピープルファースト(知的障害者の当事者運動)「権利と責任」ポスターより
私たちはぴーぷるふぁーすとです。私たちの障害はふつうの生活の一部です。市民として他の人と同じ権利を持ち同じ責任をはたします。そのために必要な援助を受ける権利があります。

      <権利>                        

普通の人と同じように生きる             

自分で選んだ人間関係をもつ     
                                  
必要な医療を受ける               

学ぶ力があるすべてのことを学ぶ       

自分の生活を管理して、危険があっても挑戦し、選ぶ
                            
自分が望むように変化する           

施設に入らず自由でいる         

希望や夢をもつ                       

他の人と平等に扱われる              

自分の気持ちや意見を持ち、発表し、それをまじめに聞いてもらう 

自分の欲しいものを頼む自由          

人に、事業所に、政府に対して自分の権利を守る                        

虐待を受けない                  

働く                         

楽しむ                       

専門家から情報を得る             

プライバシーをもつ 

       
      <責任>

自分や人を傷つけない   

他の人を平等にあつかい、尊敬の気持ちをもってつきあう。       

健康に注意して必要なときには助けをもとめる。

学んだことを使う

自分が選んだことの責任はとる   
                                
人を頼りにして自分の限界を周囲の人に知らせる

(施設でない) 場所でくらし、他の人に暴力を振るわない

自分に自信を持ち、自分を管理して、自分に腹を立てない          

平等な人間として行動する  

正しいことは何かを見つけ、自分でできる方法で主張する 

何かをして欲しいときには人に頼む

強くなり、怖さに立ち向かい、必要なときには援助を求める

誰かに傷つけられたら報告する

仕事をきちんとする

楽しむときに人を傷つけない

入手した情報について考える

ひとりになれる場所を求める

(「こむさ創刊号P32~33、(コミュニティサポート研究所)斉藤明子訳」より) 
              
*アメリカの障害者当事者運動のポスター文面。憲法条文ではないが、「権利と義務」ということを考えるために資料として掲載した。権利を主張し、他者に対して責任を果たすという姿勢がよくでている。アメリカのような「過酷な」福祉政策の下で鍛えられてきた自立生活運動(IL運動)の成果をみる。[白崎・記]*
[PR]

by shiryouko | 2005-09-13 12:01 | 人権宣言集



<< スペイン憲法 第三章 国際条約

スウェーデン統治法典 第5章 ... >>