カテゴリ:主権( 12 )

各国の憲法で、「主権」はどう表現されているか
International Constitutional Law
http://www.servat.unibe.ch/law/icl/index.html

に載っている各国の憲法条文(英語訳)を中心に、次のカテゴリーに分けて調べてみました。
----------
A・・・「主権は人民(国民)にある」ことを本文に独立した項目として明記しているもの
B・・・「権力(法)は人民(国民)より発する」ことを本文に独立した項目として明記しているもの
C・・・上記二つのどちらかを、本文の独立した項目ではないが明記しているもの
D・・・その他
----------
アフガニスタン A
Article 4 [Sovereignty, Ethnic Groups, Citizenship]
(1) National sovereignty in Afghanistan belongs to the nation that exercises it directly or through its representatives.

アルバニア A
Article 2
1. Sovereignty in the Republic of Albania belongs to the people.

アルジェリア AB
Article 6 [Popular Sovereignty]
(1) The People are the source of any power.
(2) The national sovereignty belongs exclusively to the People.

アンゴラ A
Article 3
(1) Sovereignty shall be vested in the people, who shall exercise it in the manner provided for in the present Law.

アルゼンチン D
Section 1
The Argentine Nation adopts the federal republican representative form of government, as this Constitution establishes.

アルメニア B
Article 2
In the Republic of Armenia power lies with the people.
The people exercise their power through free elections and referenda, as well as through state and local self-governing bodies and public officials as provided by the Constitution. The usurpation of power by any organization or individual constitutes a crime.

オーストリア B
Article 1 [Republic, Democracy]
Austria is a democratic republic. Its law emanates from the people.

オーストラリア D

アゼルバイジャン B
Article 1 The source of power
(1) The sole source of state power in the Azerbaijan Republic are the people of Azerbaijan.

Article 2 Sovereignty of people
(1) Sovereign right of the Azerbaijanian people is the right of free and independent determination of their destiny and establishment of their own form of governance.
(2) The people of Azerbaijan exercise their sovereign right directly\emdash by way of nation-wide voting\emdash referendum, and through their representatives elected based on universal, equal and direct suffrage by way of free, secret and personal ballot.

バーレーン A
Article 1 [Sovereignty, Constitutional Monarchy]
d. The system of government in the Kingdom of Bahrain is democratic, sovereignty being in the hands of the people, the source of all powers. Sovereignty shall be exercised in the manner stated in this Constitution.

バングラデシュ B
7. Supremacy of the Constitution.
(1) All powers in the Republic belong to the people, and their exercise on behalf of the people shall be effected only under, and by the authority of, this Constitution.

ベラルーシ B
Article 3 [Democracy]
(1) The people shall be the sole source of state power in the Republic of Belarus. The people shall exercise their power directly and through representative bodies in the forms and within the limits specified in the Constitution.

ベルギー B
Article 33 [Sovereignty, Rule of Law]
(1) All power emanates from the Nation.
(2) The power is exerted in the manner established by the Constitution.

Article 34 [Transfer of Sovereignty]
The exercising of determined power can be attributed by a treaty or by a law to international public institutions.

ブータン
Article 1 Kingdom of Bhutan
1. Bhutan is a Sovereign Kingdom and the Sovereign power belongs to the people of Bhutan.


ボスニア・ヘルツェゴビナ D

ブラジル B
Article 1 [State Principles]
(1) All power emanates from the people, who exercise it by means of elected representatives or directly, according to this Constitution.

ブルガリア B
Article 1 [State]
(2) The entire power of the state shall derive from the people. The people shall exercise this power directly and through the bodies established by this Constitution.
(3) No part of the people, no political party nor any other organization, state institution, or individual shall usurp the expression of the popular sovereignty.

カンボジア D
カナダ D

チェチェン B
Article 2 (The Multinational People, R.F. 3)
(1) The only source of power in the Chechen Republic within the scope of its jurisdiction is to be its multinational people.

中国 B
Article 2 [Sovereignty]
(1) All power in the People's Republic of China belongs to the people.

コンゴ A
Article 4 [Sovereignty, Democracy, Principle]
(1) National Sovereignty shall belong to the people who exercise it by way of referendum and by representatives elected by universal suffrage.

クロアチア A
Article 1 [State Principles]
(2) Power in the Republic of Croatia derives from the people and belongs to the people as a community of free and equal citizens.

キューバ AB
ARTICLE 3
In the Republic of Cuba sovereignty lies in the people, from whom originates all the power of the state.

キプロス D

チェコ B
Article 2 [Power]
(1) All state power derives from the people; they exercise this power by means of their legislative, executive, and judicial bodies.

デンマーク D

エジプト A
Article 3
Sovereignty is for the people alone who will practise and protect this sovereignty and safeguard national unity in the manner specified by the Constitution

エストニア B
Article 1 [Sovereignty]
(1) Estonia is an independent and sovereign democratic republic wherein the supreme power of the state is held by the people.

エチオピア A
Article 8 Sovereignty of the people
(1) All sovereign power resides in the Nations, Nationalities and Peoples of Ethiopia.
(2) This Constitution is an expression of their sovereignty.

フィジー D

フィンランド B
Section 2 Democracy and the rule of law
(1) The powers of the State in Finland are vested in the people, who are represented by the Parliament.
(2) Democracy entails the right of the individual to participate in and influence the development of society and his or her living conditions.

フランス A
Article 3 [Electoral Rights]
(1) National sovereignty belongs to the people, who exercise it through their representatives and by means of referendums.

グルジア B
Article 5 [Souvereignty, Democracy, Separation of Powers]
(1) The people shall be the source of state authority in Georgia. The state authority shall be exercised within the framework established by the Constitution.


ギリシャ A
Article 1 [Parliamentary Democracy]
(2) Popular sovereignty is the foundation on which the form of government rests.
(3) All powers are derived from the People, exist for the benefit of the People and the Nation, and are exercised in the manner determined by the Constitution.

ハンガリー AB
Article 2 [Democracy, Rule of Law, Sovereignty]
(2) In the Republic of Hungary supreme power is vested in the people, who exercise their sovereign rights directly and through elected representatives.

アイスランド D (三権に分かれて規定)
Article 2
Althingi and the President of Iceland jointly exercise legislative power. The President and other governmental authorities referred to in this Constitution and elsewhere in the law exercise executive power. Judges exercise judicial power.


インド C

インドネシア B
Article 1

(2). Sovereignty shall be in the hands of the people and shall be fully exercised by the People's Consultative Assembly (MPR).

イラン D
Article 2 [Foundational Principles]
The Islamic Republic is a system based on belief in:
1) the One God (as stated in the phrase "There is no god except Allah"), His exclusive sovereignty and right to legislate, and the necessity of submission to His commands;

イラク(日本と似ている) C
Article 10 [Respect by Government]
As an expression of the free will and sovereignty of the Iraqi people, their representatives shall form the governmental structures of the State of Iraq. The Iraqi Transitional Government and the governments of the regions, governorates, municipalities, and local administrations shall respect the rights of the Iraqi people, including those rights cited in this Chapter.

アイルランド C
Article 1 [Sovereign Rights]
The Irish nation hereby affirms its inalienable, indefeasible, and sovereign right to choose its own form of Government, to determine its relations with other nations, and to develop its life, political, economic and cultural, in accordance with its own genius and traditions.

イスラエル D

イタリア A
Article 1 [Form of State]
(2) The sovereignty belongs to the people who exercise it in the forms and limits of the constitution.

日本 C

ケニア D

クウェート C
Article 6 [Democracy]
The System of Government in Kuwait shall be democratic, under which sovereignty resides in the people, the source of all powers. Sovereiguty shall be exercised in the manner specified in this Constitution.

ラトビア A
Article 2 [Popular Sovereignty]
The sovereign power of the State of Latvia is vested in the people of Latvia.

レバノン C
Preamble
d. The people are the source of authority and sovereignty; they shall exercise these powers through the constitutional institutions.

リベリア B
Article 1
All power is inherent in the people....

リビア A
Article 1 [Principles]
Libya is an Arab, democratic, and free republic in which sovereignty is vested in the people....

リトアニア A
Article 2
The State of Lithuania shall be created by the People. Sovereignty shall be vested in the People.

ルクセンブルグ D

マケドニア A
Article 2
(1) Sovereignty in the Republic of Macedonia derives from the citizens and belongs to the citizens.

マダガスカル A
Article 6 [Sovereignty, Representation, Electoral Rights]
(1) Sovereignty shall belong to the people, who shall exercise it through their representatives elected by direct or indirect universal suffrage or through a referendum. No faction or individual may usurp the exercise of sovereignty.

マレーシア D

マルタ D

モーリタニア AB
Article 2 [Sovereignty]
(1) The people shall be the source of all power.
(2) The national sovereignty belongs to the people which exercises it through its elected representatives and through referendum.

メキシコ AB
Article 39
The national sovereignty resides essentially and originally in the people All public power originates in the people and is instituted for their benefit. The people at all times have the inalienable right to alter or modify their form of government.

ミクロネシア A
PREAMBLE
WE, THE PEOPLE OF MICRONESIA, exercising our inherent sovereignty, do hereby establish this Constitution of the Federated States of Micronesia.

モルドバ A
Article 2
Sovereignty and State Power
(1) National sovereignty resides with the people of the Republic of Moldova, who shall exercise it directly and through its representative bodies in the ways provided for by Constitution.

モンゴル B
Article 3 [Sovereignty]
(1) State power is vested in the people of Mongolia. The people exercises it through direct participation in state affairs and through representative bodies of state power elected by them.

モロッコ A
Article 2 [Sovereignty]
Sovereignty belongs to the Nation which exercises it directly by means of referendum and indirectly through its constitutional institutions.

ミャンマー D
Article 4
National sovereignty shall reside in the entire State.


ナミビア B
Article 1 [Establishment of the Republic of Namibia and Identification of its Territory]
(2) All power shall vest in the people of Namibia who shall exercise their sovereignty through the democratic institutions of the State.

ネパール A
Article 3 The Sovereignty
The sovereignty of Nepal is vested in the Nepalese people and shall be exercised in accordance with the provisions of this Constitution.

北朝鮮 D
第7条 朝鮮民主主義人民共和国の主権は、労働者、農民、兵士、勤労インテリにある。


オランダ D
ニュージーランド D
ノルウェー D
オマーン D
パキスタン D

パラグァイ A
Article 2 About Sovereignty
In the Republic of Paraguay the sovereignty rests with the people, who exercise it in accordance with the provisions of this Constitution.

パプア・ニューギニア C (前文)
AND WE ASSERT, by virtue of that authority
·that all power belongs to the people—acting through their duly elected representatives


フィリピン AB
ARTICLE II
Section 1. The Philippines is a democratic and republican State. Sovereignty resides in the people and all government authority emanates from them.

ポーランド B
Article 4
(1) Supreme power in the Republic of Poland shall be vested in the Nation.
(2) The Nation shall exercise such power directly or through their representatives.

ポルトガル A
Article 3 Sovereignty and Legality
(1) Sovereignty, one and indivisible, rests with the people, who exercise it in accordance with the forms laid down in the Constitution.

カタール D

ルーマニア A
Article 2 [Popular Sovereignty]
(1) National sovereignty resides with the Romanian people, who shall exercise it through its representative bodies and by referendum.

ロシア AB
Article 3 [The Multinational People]
(1) The multinational people of the Russian Federation is the vehicle of sovereignty and the only source of power in the Russian Federation.

ルワンダ AB
Article 6 [Sovereignty]
(1) All power shall originate from the Nation.
(2) National sovereignty shall belong to the people of Rwanda which shall exercise it through representatives or by means of referendum.

サウジアラビア D
シンガポール D

スロヴァキア B
Article 2
(1) State power is derived from citizens, who execute it through their elected representatives or directly.

スロヴェニア B
Article 3 [Self-Determination, Sovereignty]
(2) In Slovenia power is vested in the people. Citizens exercise this power directly and through elections, consistent with the principle of the separation of legislative, executive and judicial powers.

ソマリア A
Article 1: The State of the Republic of Somaliland
2. Sovereignty resides in the people who shall exercise it in accordance with the Constitution and other laws.


南アフリカ D

スリランカ A
Sovereignty of the People.
3. In the Republic of Sri Lanka sovereignty is in the people and is inalienable. Sovereignty includes the powers of government, fundamental rights and the franchise.

スーダン A
Article 4
Supremacy and Sovereignty
God, the creator of all people, is supreme over the State and sovereignty is delegated to the people of Sudan by succession, to be practiced as worship to God, performing his trust, developing the homeland, and spreading justice, freedom and shura in accordance with the Constitution and laws.


シリア A
Article 2 [Republic, Sovereignty]
(2) Sovereignty is vested in the people, who exercise it in accordance with this Constitution.

韓国 AB
Article 1 [Democracy]
(2) The sovereignty of the Republic of Korea resides in the people, and all state authority emanates from the people.

スペイン AB
Article 1 [State Principles, Sovereignty, Form]
(2) National sovereignty belongs to the Spanish people from whom emanate the powers of the state.

スウェーデン B
Article 1
(1) All public power in Sweden proceeds from the people.

スイス D(連邦制のため、各州[カントン]に主権を置いている)
Article 3 Cantons
The Cantons are sovereign insofar as their sovereignty is not limited by the Federal Constitution; they exercise all rights not transferred to the Federation.

台湾 A
Article 2
The sovereignty of the Republic of China shall reside in the whole body of citizens.

タジキスタン AB
Article 6
In Tajikistan, the people are the possessors of the sovereignty and are the only source of state power, which is exercised both directly and also through the people's representatives.

チュニジア A
Article 3 [Sovereignty]
The sovereignty belongs to the Tunisian poople who exercise it in conformity with the Constitution.

トルコ A
Article 6 Sovereignty
(1) Sovereignty is vested in the nation without reservation or condition.

ウガンダ C
THE PREAMBLE

.....
Exercising our sovereign and inalienable right to determine the form of governance for our country, and having fully participated in the Constitution-making process;


ウクライナ AB
Article 5
* The people are the bearers of sovereignty and the only source of power in Ukraine. The people exercise power directly and through bodies of state power and bodies of local self-government.


アメリカ D

ウズベキスタン
Art. 7
The people are the sole source of state power.

ベトナム B
Article 2 [Law Governance, People's State, State Powers]
(1) The Socialist Republic of Vietnam State is a law governed socialist State of the people, by the people and for the people. All State powers belong to the people and are based on the alliance between the working class, the peasantry and the intelligentsia.

イエメン B
Article 4
Power rests with the people who is the source of all powers. The people shall exercise its power directly through referenda and general elections, and indirectly through legislative, executive, and judicial bodies and also through elected local councils.

ザンビア D
ジンバブエ D
-----
集計すると、

Aグループ (30カ国):
アフガニスタン、アルバニア、アンゴラ、バーレーン、ブータン、コンゴ、クロアチア、エジプト、エチオピア、フランス、
ギリシャ、イタリア、ラトビア、リビア、リトアニア、マケドニア、マダガスカル、モルドバ、モロッコ、ネパール、
パラグァイ、ポルトガル、ルーマニア、ソマリア、スリランカ、スーダン、シリア、台湾、チュニジア、トルコ

Bグループ (24カ国):
アルメニア、オーストリア、バングラデシュ、ベラルーシ、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、チェチェン、中国、チェコ、
エストニア、フィンランド、グルジア、インドネシア、リベリア、モンゴル、ナミビア、ポーランド、スロヴァキア、スロヴェニア、
スウェーデン、ウズベキスタン、ベトナム、イエメン

AB(両方を含む)グループ (14カ国):
アルジェリア、アゼルバイジャン、キューバ、ハンガリー、クウェート、モーリタニア、メキシコ、フィリピン、ロシア、ルワンダ、韓国、スペイン、タジキスタン、ウクライナ

Cグループ (6カ国):
インド、イラク(日本と似ている)、アイルランド、日本(前文)、レバノン(前文)、ミクロネシア(前文)、ウガンダ(前文)

Dグループ (30カ国):
アルゼンチン、オーストラリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、カンボジア、カナダ、キプロス、デンマーク、フィジー、アイスランド、イラン、
イスラエル、ケニア、ルクセンブルグ、マレーシア、マルタ、ミャンマー、オランダ、ニュージーランド、ナイジェリア、北朝鮮、
ノルウェー、オマーン、カタール、パキスタン、サウジアラビア、シンガポール、南アフリカ、スイス、アメリカ、ザンビア、ジンバブエ
[PR]

by shiryouko | 2007-05-27 08:43 | 主権

主権者をめぐる、これまでの議論
Commented by 松本和志
 だれが国民かを規定するのが国籍法、国籍法を運用するのが政府(国家)、と考えると、じつは「国民主権=国家主権」に他ならない、ということになりますね。
 あと、英語版の日本国憲法を見ると、前文や第1条のpeopleも第10条のnationalsも日本語版では「国民」になってしまっています。単なるニュアンスの違いでは済まない重大なズレが双方の間に存在することになります。
 外からは(英語版)人民主権に見え、内に対しては(日本語版)国家主権として働くように「国民主権」なる言葉を選んだのでは?という気さえします。
 東京都の在日外国人職員に対する国籍による差別も、最高裁判決では「国民主権」の名のもとに正当化されました。しかし、英語版日本国憲法第14条では「All of the people」の差別を禁じているので、英語版に照らせば違憲ということになります。
Commented by 鏡 豊
 マッカーサー草案第16条は交渉にあたった日本側が削除しています。
 現行憲法第10条は明治憲法第18條を蒸し返したものです。
 マッカーサー草案を日本用に直したのは明治官僚ですから、ネイション・ステイトを構成するナショナルという発想はなく、あくまで「臣民」のまま言葉だけ「国民」にしたのでしょう。
Commented by 白崎一裕
 国家の法に従う者が国民であり、その法を制限する上位の存在としての権力の出所としての「人民」ということになりそうですが、この前後の社会契約論の文章は、翻訳では、かなり難解といえます。
Commented by 鏡 豊
 マッカーサー草案第16条削除についてのひとつの説明は、「世界人権宣言と日本国憲法」ブログのカテゴリー第2条「差別の禁止」に挙げておきましたジョン・ダワー「増補版 敗北を抱きしめて」(岩波書店2004年1月翻訳 下巻159頁)があります。
Commented by 鏡 豊
 古関彰一「新憲法の誕生」(中公文庫1995年 p・187〜)は以下の書き方です。(以下引用)
 上の二つの引用から二つのことが大切だと思いました。
・国際人権法の国内法への優位を強調すること。
・国際法一般とすると「国連越境組織犯罪防止条約(2000年12月署名)の批准での「共謀罪」の正当化などの駆け引きに引きずられる。
Commented by 上田
 日本国憲法上に現れた《ひと》に関連する言葉の回数を数えた結果を投稿しておきますね。
 人間1回
 人類2回
 外国人0回
 何人19回
 国民41回
Commented by 松本和志
 たしか、かつて日本の学校教科書では「主権在民」の語が使われていたはずです。
 上田さんのようにきちんと数えた方がいいのですが・・・
 義務をさらに「国家の国民に対する義務」と「国民の国家に対する義務」に分けた場合、日本国憲法では、前者はただ一回、25条の生存権規定にしか出てきません。オランダ憲法(後者がゼロ、前者が4回、責務も含めると7回)などとは正反対です。
Commented by 白崎一裕
 権利と義務に関しては、世界人権宣言の第29条の1をめぐって議論してみると良いかもしれません。
Commented by 鏡 豊
 遅ればせながら「国籍法」を見てみました。
 やはり、「国家法」によって「国」そのものを決めないと国民も決まらない、というわけの分からない状態のようです。
[PR]

by shiryouko | 2006-01-03 15:57 | 主権

自民党改憲案と公共の福祉
◆第3章 国民の権利及び義務
 ●自民党案
 第10条(<日本国民>)日本国民の<要件>は、法律で定める。
 第11条(<基本的人権の享受>)国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与えられる。
 第12条(<国民の責務>)この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力に<よって>、保持しなければならない。国民は、これを濫用してはならないので<あって、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚しつつ>、常に<公益及び公の秩序に反しないように自由を享受し、権利を行使する責務を負う。>
 第13条(<個人の尊重等>)すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、<公益及び公の秩序>に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


上記は、新しい自民党の改憲案であるが、これは、現行憲法には、「権利ばかり書いてあり、義務がない」という年来の自民党保守派の見解を盛り込んだ形になっている。
これは、現行憲法の「公共の福祉に反しない」という文言に対する批判とも受け取れる。

しかし、下記の資料をみていただきたい。「公共の福祉」に関しては、1949年の丸山真男らによる「公法研究会」において「憲法改正意見」として提出されているものがある。

以下、引用

[第12・13・22・29条]この四つの各条文のなかから「公共の福祉」という言葉を全部削除する。
[理由] ---前略ーーー ところが、この憲法は、この重大な基本的人権の享有に一つの制限を付けている。それが即ち、12・13・22・29条に現れている「公共の福祉」である。つまり「公共の福祉」のためには基本的人権も一定の限界を有するというのである。基本的人権がいくら尊重すべきものであるといっても、他人の迷惑もかまわずにその権利を享有されることはたしかに考慮の余地がある。これを認めるには毫も吝かでない。唯問題なのは、その限界を測る基準が、意味の頗る曖昧な「公共の福祉」という概念に求められたことである。かつて軍閥官僚支配の時代に「滅私奉公」というこれ亦為政者がその内容を自由に解釈しうる漠然たる標語のために、個人の権利が勝手に無視された歴史をもっている我国である。「公共の福祉」という言葉が、再びかっての「滅私奉公」的解釈に利用される惧れがないとはいえない。とくに17・8世紀のプロシア絶対制官僚国家において、この公共の福祉Salus Publica という言葉は、専制君主の便益のために人民の自由を無視し、その財産を
収奪する場合にいつも用いられる常套句であったことを想起する時、民主化の日なお浅い我国でこうした言葉によって基本的人権の限界を示すことは甚だ危険といえよう。基本的人権の極端な主張が、社会になんらかの
危害を及ぼす惧れのある場合は、常に他人の基本的人権を毀損している時である。(中略) その意味において
基本的人権の享有に対する制限も、同じく基本的人権によることとし、「公共の福祉」という如き曖昧な、内に非民主的解釈の余地をのこす言葉は本憲法の根本精神に基づいて、この憲法の箇条から、ことごとく削除することを主張するものである。

上記をみると「公共の福祉」もあいまいである。
まずは、世界人権宣の第29条の一
「すべて人は、その人格の自由かつ完全な発展がその中にあってのみ可能である社会に対して義務を負う。」
という文言を基礎にすべきだと考える。公の秩序などと文言化すべきではない。
【白崎・記】

[PR]

by shiryouko | 2005-11-13 22:14 | 主権

ポーランド共和国憲法 第55条 【国外への引渡しの禁止】
1、ポーランド市民の国外への引渡は禁じられる。

2、政治的理由による犯罪を暴力を用いることなく実行したとされる容疑者の国外への引渡は禁じられる。

3、国外への引渡を許すかどうかは、裁判所がこれを決定する。
[PR]

by shiryouko | 2005-09-19 17:09 | 主権

「憲法改正意見」 公法研究会1949年4月 (丸山真男、辻清明、佐藤功、鵜飼信成など)
第一章 天皇

 第一章に天皇の章を設けているのは、人民主権を表明する憲法としては妥当ではなく、別に人民主権を宣言する章を設けるか、或いは人民主権の宣言を含む基本的人権の規定を第一章とすべきである。また、民主主義の憲政というポツダム宣言の主旨に従えば、天皇制の廃止による共和制とすべきことが理想であり、従って天皇の章は理想案においては不要である。かような場合には、大統領制とすべきことはいうまでもないが、その場合の大統領制は米国のような政治的実権をもつものではなく、仏蘭西流の儀礼的な存在とするべきである。しかし、このような理想案はいま一応将来のこととして、実現可能な改正案ということになれば、天皇制を承認した上で人民主権を明確にすべきである。この観点から、天皇の儀礼的な存在たることを明示すべきである。

〔第一条〕 「主権は日本人民にある」という条文を新たに加える。
〔理由〕 現行の第一条のように天皇の法的性質を表現することに付随して、国民主権を宣言しているのは妥当ではない。別個の一条を設け、これを冠頭に掲ぐべきである。

〔第二条〕 現行憲法第一条を、「天皇は日本人民の儀章たるべきものである」と改める。

以下 略。

*「共和制」と言いながら、天皇儀章論におちつくあたりが、東大の先生らしいオチだが、こういう議論もあったということでご紹介させていただく。[白崎・記]*
[PR]

by shiryouko | 2005-08-28 09:30 | 主権

スペイン憲法第1条
第1条 [法治国家、国民主権、議会君主制]
① スペインは、社会的かつ民主的な法治国家として構成され、その法秩序の最高の価値として、自由、正義、平等及び政治的多元主義を擁護する。
② 国家の主権はスペイン国民に存し、すべての国家権力はスペイン国民に由来する。
③ スペイン国家の政治形態は、議会君主制である。
[PR]

by shiryouko | 2005-07-02 22:51 | 主権

世界人権宣言第29条
第29条
1 すべて人は、その人格の自由かつ完全な発展がその中にあってのみ可能である社会に対して義務を負う。

2 すべて人は、自己の権利及び自由を行使するに当たっては、他人の権利及び自由の正当な承認及び尊重を保障すること並びに民主的社会における道徳、公の秩序及び一般の福祉の正当な要求を満たすことをもっぱら目的として法律によって定められた制限にのみ服する。

3 これらの権利及び自由は、いかなる場合にも、国際連合の目的及び原則に反して行使してはならない。
[PR]

by shiryouko | 2005-07-02 22:20 | 主権

ドイツ連邦共和国憲法 第20条
第20条 [国家秩序の基礎、抵抗権]

(1) ドイツ連邦共和国は、民主的かつ社会的連邦国家である。

(2) すべての国家権力は、国民より発する。国家権力は、国民により、選挙および投票によって、ならびに立法、執行権および司法の特別の機関を通じて行使される。

(3) 立法は、憲法的秩序に拘束され、執行権および司法は、法律および法に拘束される。

(4) すべてのドイツ人は、この秩序を除去しようと企てる何人に対しても、他の救済手段が存在しないときは、抵抗権を有する。
[PR]

by shiryouko | 2005-06-28 06:46 | 主権

大韓民国憲法 第1条
第1条
① 大韓民国は、民主共和国である。
② 大韓民国の主権は、国民に存し、すべての権力は、国民から由来する。
[PR]

by shiryouko | 2005-06-28 06:35 | 主権

スイス誓約者同盟の連邦憲法第3条
スイス憲法 第三条(カントン)
 カントンは、連邦憲法によって制限されない範囲で主権を持つ。カントンは、連邦に委ねられないすべての権利を行使する。

 日本国憲法には、こうした「主権」の所在を書いた条文がない。2箇所に「主権」が使われている。

 1 前文に
   ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

 2 第1条
   天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
 
[PR]

by shiryouko | 2005-06-27 15:17 | 主権