スウェーデン統治法典第1章4条、6条、7条、8条、9条
第1章 憲法の基本原則
第4条
1 国会は、人民の最も重要な代表者である
2 国会は、法律を制定し、租税を確定し、公の資金の使途を決定する。
  国会は、この国の政府と行政を監視しなければならない。
第6条
 政府はこの国を統治する。政府は、国会に対して責任を負う。
第7条
1 スウェーデン王国には基礎的自治体と地域的自治体がある。
  自治体における決定権は、選挙された議会が行使しなければならない。
2 自治体は、その任務を遂行するために、税を賦課することができる。
第8条
 司法を執行するために裁判所を、行政を執行するために王国および自治体に、官公庁を置く。

 法廷は正義を執行するためにある。中央政府や地方政府の役場の権威は、公を執行するためにある。(鏡豊試訳)
Art. 8.
Courts of law exist for the administration of justice, and central and local government administrative authorities exist for the public administration.

第9条
 裁判所および官公庁その他行政内部においてその職務を行う者は、その活動に際して、すべての人の法のもとの平等を遵守し、客観性と公平性を保持しなければならない。
[PR]

by shiryouko | 2005-06-10 19:36 | 三権・官僚主権



<< スウェーデン統治法典第1章4条...

スウェーデン統治法典第1章第1... >>