ドイツ連邦共和国基本法第115l条
第115l条(防衛事態における法律および措置の廃止、防衛事態の終了、講
和)
1 連邦議会は、連邦参議院の同意を得て、いつでも合同委員会の法律を廃止することができる。連邦参議院は、連邦議会がこの議決を行うように要求することができる。その他、合同委員会または連邦政府が危険防止のためにとった措置は、連邦議会および連邦参議院の議決により廃止される。
2 連邦議会は、いつでも、連邦参議院の同意を得て、連邦大統領が公布する議決によって防衛事態の終了を宣言することができる。連邦参議院は、連邦議会がこの議決を行うように要求することができる。防衛事態は、その確認の前提となった条件が存在しなくなったときは、遅滞なくその終了を宣言しなければならない。
3 講和については、連邦法律で決定する。
[PR]

by shiryouko | 2005-06-10 11:32 | 安全保障



<< ドイツ連邦共和国基本法第12a条

ドイツ連邦共和国基本法第115k条 >>