スウェーデン統治法典
*分量が多いので、適宜省略して紹介する。*

第2章 基本的自由および権利 
第23条【欧州人権条約違反の法令】
 スウェーデンが欧州人権条約に基づいて負っている義務に違反する法律その他の法令は、公布することができない。

第10章 外交
第1条【条約の締結】
 外国または国際組織との条約は、政府が締結しなければならない。

第2条【国会の承認】
1 条約が法律の改正もしくは廃止もしくは新しい法律の制定を予定させるとき、または国会の議決を必要とする案件に関わるときには、国会が承認しない限り、政府は王国を拘束する条約を締結することはできない。



第5条【国際組織への委譲】
1 国会は、欧州連合がこの統治法典および欧州人権条約に規定されている保護に相当する権利および自由を規定している限り、欧州連合に議決権を委譲することができる。(略)
2 その他のすべての場合において、この統治法典に直接基づく決定権で、規則の制定、国の財産の使用、国際条約または国際的義務の締結または廃棄のための決定権を、一定の限度で、スウェーデンが加盟しており、または加盟する予定である平和的国際協力のための国際組織または国際司法裁判所に委譲することができる。(略)
[PR]

by shiryouko | 2005-08-29 11:12 | 国際法・条約と国内法



<< スイス誓約者同盟連邦憲法 第5...

国際関係:ポーランド共和国憲法 >>