スペイン王国憲法 第45条【環境保全、生活の質、天然資源の合理的利用】
1 何人も、人格の発展にふさわしい環境を享受する権利を有し、及びこれを保全する義務を負う。
2 公権力は、不可欠な集団的連帯に基づいて、生活の質を維持し及び改善し並びに環境を保護し及び回復するために、あらゆる天然資源の合理的利用に配慮する。
3 前項の規定に違反した者については、法律に定める条件の下に、刑事罰、又は場合により行政罰、及び違反により生じた損害の賠償義務を課する。

*第3項を、宣言法にとどまる日本の環境基本法と比較[松本]*



宣言にとどまらせない姿勢は、以下の条文でさらに補強されていると読める。{鏡}

 第148条【自治州の権限】
 1 自治州は、次の事項につき、権限を引き受けることができる。
 の
 9 環境保護に関する業務。

 第149条 【国の排他的権限】
 1 国は、次の事項につき、排他的な権限を有する。
 の
 23 環境保護に関する基礎法。但し、環境保護のための追加的規範を制定する自治州の権限を妨げない。山岳、森林利用及び牧畜道路に関する基礎法。
[PR]

by shiryouko | 2005-08-28 09:56 | 環境



<< スイス連邦憲法 第74条【環境保護】

大韓民国憲法 第35条 >>