田中正造の憲法観
田中正造「破憲破道に関する質問主意書」
県議会明治42年3月20日
「凡そ憲法なるものは人道を破れば即ち破れ、天地の公道を破れば即ち破る。憲法は人道及び天地間に行わるるすべての正理と公道とに基づきて初めてあやまちすくなきを得べし。
現政府が栃木県下都賀郡元谷中村に対する行動は、日本開国以来未曾有の珍事にして、人道の破壊、憲法の破壊、けだしこれより甚だしきはあらざるべし」
[PR]

by shiryouko | 2005-07-17 00:54 | 日本の私擬憲法集



<< 戦争ノ抛棄ニ関スル条約(パリ条...

自然法について(関 曠野) >>