公法研究会 「憲法改正意見」(抜粋)
「憲法改正意見」 公法研究会(丸山真男、辻清明、佐藤功、鵜飼信成など)
1949年4月

前文 

前文及び本文に使用されている「日本国民」という言葉を「日本人民」に改め、また、前文中、「その権力は国民の代表者がこれを行使し」とあるのを「その権力は人民がこれを行使し」と改める。

第一章 天皇

第一章に天皇の章を設けているのは、人民主権を表明する憲法としては妥当ではなく、別に人民主権を宣言する章を設けるか、あるいは人民主権の宣言を含む基本的人権の規定を第一章とすべきである。また、民主主義の憲政というポツダム宣言の主旨に従えば、天皇制の廃止による共和制とすべきことが理想であり、従って天皇の章は理想案においては不要である。かような場合には、大統領制とすべきことはいうまでもないが、その場合の大統領制は米国のような政治的実権をもつものでなく、仏蘭西流の儀礼的な存在とすべきである。しかし、このような理想案はいま一応将来のこととして、実現可能な改正案ということになれば、天皇制を承認した上で人民主権を明確にすべきである。この観点から、天皇の儀礼的な存在たることを明示すべきである。

第一条 「主権は日本人民にある」という条文を新たに加える。

以下(略)
[PR]

by shiryouko | 2005-07-12 21:42 | 改憲草案集



<< マッカーサー草案

日本の地方自治法の冒頭 >>