各国の憲法で、「主権」はどう表現されているか
International Constitutional Law
http://www.servat.unibe.ch/law/icl/index.html

に載っている各国の憲法条文(英語訳)を中心に、次のカテゴリーに分けて調べてみました。
----------
A・・・「主権は人民(国民)にある」ことを本文に独立した項目として明記しているもの
B・・・「権力(法)は人民(国民)より発する」ことを本文に独立した項目として明記しているもの
C・・・上記二つのどちらかを、本文の独立した項目ではないが明記しているもの
D・・・その他
----------
アフガニスタン A
Article 4 [Sovereignty, Ethnic Groups, Citizenship]
(1) National sovereignty in Afghanistan belongs to the nation that exercises it directly or through its representatives.

アルバニア A
Article 2
1. Sovereignty in the Republic of Albania belongs to the people.

アルジェリア AB
Article 6 [Popular Sovereignty]
(1) The People are the source of any power.
(2) The national sovereignty belongs exclusively to the People.

アンゴラ A
Article 3
(1) Sovereignty shall be vested in the people, who shall exercise it in the manner provided for in the present Law.

アルゼンチン D
Section 1
The Argentine Nation adopts the federal republican representative form of government, as this Constitution establishes.

アルメニア B
Article 2
In the Republic of Armenia power lies with the people.
The people exercise their power through free elections and referenda, as well as through state and local self-governing bodies and public officials as provided by the Constitution. The usurpation of power by any organization or individual constitutes a crime.

オーストリア B
Article 1 [Republic, Democracy]
Austria is a democratic republic. Its law emanates from the people.

オーストラリア D

アゼルバイジャン B
Article 1 The source of power
(1) The sole source of state power in the Azerbaijan Republic are the people of Azerbaijan.

Article 2 Sovereignty of people
(1) Sovereign right of the Azerbaijanian people is the right of free and independent determination of their destiny and establishment of their own form of governance.
(2) The people of Azerbaijan exercise their sovereign right directly\emdash by way of nation-wide voting\emdash referendum, and through their representatives elected based on universal, equal and direct suffrage by way of free, secret and personal ballot.

バーレーン A
Article 1 [Sovereignty, Constitutional Monarchy]
d. The system of government in the Kingdom of Bahrain is democratic, sovereignty being in the hands of the people, the source of all powers. Sovereignty shall be exercised in the manner stated in this Constitution.

バングラデシュ B
7. Supremacy of the Constitution.
(1) All powers in the Republic belong to the people, and their exercise on behalf of the people shall be effected only under, and by the authority of, this Constitution.

ベラルーシ B
Article 3 [Democracy]
(1) The people shall be the sole source of state power in the Republic of Belarus. The people shall exercise their power directly and through representative bodies in the forms and within the limits specified in the Constitution.

ベルギー B
Article 33 [Sovereignty, Rule of Law]
(1) All power emanates from the Nation.
(2) The power is exerted in the manner established by the Constitution.

Article 34 [Transfer of Sovereignty]
The exercising of determined power can be attributed by a treaty or by a law to international public institutions.

ブータン
Article 1 Kingdom of Bhutan
1. Bhutan is a Sovereign Kingdom and the Sovereign power belongs to the people of Bhutan.


ボスニア・ヘルツェゴビナ D

ブラジル B
Article 1 [State Principles]
(1) All power emanates from the people, who exercise it by means of elected representatives or directly, according to this Constitution.

ブルガリア B
Article 1 [State]
(2) The entire power of the state shall derive from the people. The people shall exercise this power directly and through the bodies established by this Constitution.
(3) No part of the people, no political party nor any other organization, state institution, or individual shall usurp the expression of the popular sovereignty.

カンボジア D
カナダ D

チェチェン B
Article 2 (The Multinational People, R.F. 3)
(1) The only source of power in the Chechen Republic within the scope of its jurisdiction is to be its multinational people.

中国 B
Article 2 [Sovereignty]
(1) All power in the People's Republic of China belongs to the people.

コンゴ A
Article 4 [Sovereignty, Democracy, Principle]
(1) National Sovereignty shall belong to the people who exercise it by way of referendum and by representatives elected by universal suffrage.

クロアチア A
Article 1 [State Principles]
(2) Power in the Republic of Croatia derives from the people and belongs to the people as a community of free and equal citizens.

キューバ AB
ARTICLE 3
In the Republic of Cuba sovereignty lies in the people, from whom originates all the power of the state.

キプロス D

チェコ B
Article 2 [Power]
(1) All state power derives from the people; they exercise this power by means of their legislative, executive, and judicial bodies.

デンマーク D

エジプト A
Article 3
Sovereignty is for the people alone who will practise and protect this sovereignty and safeguard national unity in the manner specified by the Constitution

エストニア B
Article 1 [Sovereignty]
(1) Estonia is an independent and sovereign democratic republic wherein the supreme power of the state is held by the people.

エチオピア A
Article 8 Sovereignty of the people
(1) All sovereign power resides in the Nations, Nationalities and Peoples of Ethiopia.
(2) This Constitution is an expression of their sovereignty.

フィジー D

フィンランド B
Section 2 Democracy and the rule of law
(1) The powers of the State in Finland are vested in the people, who are represented by the Parliament.
(2) Democracy entails the right of the individual to participate in and influence the development of society and his or her living conditions.

フランス A
Article 3 [Electoral Rights]
(1) National sovereignty belongs to the people, who exercise it through their representatives and by means of referendums.

グルジア B
Article 5 [Souvereignty, Democracy, Separation of Powers]
(1) The people shall be the source of state authority in Georgia. The state authority shall be exercised within the framework established by the Constitution.


ギリシャ A
Article 1 [Parliamentary Democracy]
(2) Popular sovereignty is the foundation on which the form of government rests.
(3) All powers are derived from the People, exist for the benefit of the People and the Nation, and are exercised in the manner determined by the Constitution.

ハンガリー AB
Article 2 [Democracy, Rule of Law, Sovereignty]
(2) In the Republic of Hungary supreme power is vested in the people, who exercise their sovereign rights directly and through elected representatives.

アイスランド D (三権に分かれて規定)
Article 2
Althingi and the President of Iceland jointly exercise legislative power. The President and other governmental authorities referred to in this Constitution and elsewhere in the law exercise executive power. Judges exercise judicial power.


インド C

インドネシア B
Article 1

(2). Sovereignty shall be in the hands of the people and shall be fully exercised by the People's Consultative Assembly (MPR).

イラン D
Article 2 [Foundational Principles]
The Islamic Republic is a system based on belief in:
1) the One God (as stated in the phrase "There is no god except Allah"), His exclusive sovereignty and right to legislate, and the necessity of submission to His commands;

イラク(日本と似ている) C
Article 10 [Respect by Government]
As an expression of the free will and sovereignty of the Iraqi people, their representatives shall form the governmental structures of the State of Iraq. The Iraqi Transitional Government and the governments of the regions, governorates, municipalities, and local administrations shall respect the rights of the Iraqi people, including those rights cited in this Chapter.

アイルランド C
Article 1 [Sovereign Rights]
The Irish nation hereby affirms its inalienable, indefeasible, and sovereign right to choose its own form of Government, to determine its relations with other nations, and to develop its life, political, economic and cultural, in accordance with its own genius and traditions.

イスラエル D

イタリア A
Article 1 [Form of State]
(2) The sovereignty belongs to the people who exercise it in the forms and limits of the constitution.

日本 C

ケニア D

クウェート C
Article 6 [Democracy]
The System of Government in Kuwait shall be democratic, under which sovereignty resides in the people, the source of all powers. Sovereiguty shall be exercised in the manner specified in this Constitution.

ラトビア A
Article 2 [Popular Sovereignty]
The sovereign power of the State of Latvia is vested in the people of Latvia.

レバノン C
Preamble
d. The people are the source of authority and sovereignty; they shall exercise these powers through the constitutional institutions.

リベリア B
Article 1
All power is inherent in the people....

リビア A
Article 1 [Principles]
Libya is an Arab, democratic, and free republic in which sovereignty is vested in the people....

リトアニア A
Article 2
The State of Lithuania shall be created by the People. Sovereignty shall be vested in the People.

ルクセンブルグ D

マケドニア A
Article 2
(1) Sovereignty in the Republic of Macedonia derives from the citizens and belongs to the citizens.

マダガスカル A
Article 6 [Sovereignty, Representation, Electoral Rights]
(1) Sovereignty shall belong to the people, who shall exercise it through their representatives elected by direct or indirect universal suffrage or through a referendum. No faction or individual may usurp the exercise of sovereignty.

マレーシア D

マルタ D

モーリタニア AB
Article 2 [Sovereignty]
(1) The people shall be the source of all power.
(2) The national sovereignty belongs to the people which exercises it through its elected representatives and through referendum.

メキシコ AB
Article 39
The national sovereignty resides essentially and originally in the people All public power originates in the people and is instituted for their benefit. The people at all times have the inalienable right to alter or modify their form of government.

ミクロネシア A
PREAMBLE
WE, THE PEOPLE OF MICRONESIA, exercising our inherent sovereignty, do hereby establish this Constitution of the Federated States of Micronesia.

モルドバ A
Article 2
Sovereignty and State Power
(1) National sovereignty resides with the people of the Republic of Moldova, who shall exercise it directly and through its representative bodies in the ways provided for by Constitution.

モンゴル B
Article 3 [Sovereignty]
(1) State power is vested in the people of Mongolia. The people exercises it through direct participation in state affairs and through representative bodies of state power elected by them.

モロッコ A
Article 2 [Sovereignty]
Sovereignty belongs to the Nation which exercises it directly by means of referendum and indirectly through its constitutional institutions.

ミャンマー D
Article 4
National sovereignty shall reside in the entire State.


ナミビア B
Article 1 [Establishment of the Republic of Namibia and Identification of its Territory]
(2) All power shall vest in the people of Namibia who shall exercise their sovereignty through the democratic institutions of the State.

ネパール A
Article 3 The Sovereignty
The sovereignty of Nepal is vested in the Nepalese people and shall be exercised in accordance with the provisions of this Constitution.

北朝鮮 D
第7条 朝鮮民主主義人民共和国の主権は、労働者、農民、兵士、勤労インテリにある。


オランダ D
ニュージーランド D
ノルウェー D
オマーン D
パキスタン D

パラグァイ A
Article 2 About Sovereignty
In the Republic of Paraguay the sovereignty rests with the people, who exercise it in accordance with the provisions of this Constitution.

パプア・ニューギニア C (前文)
AND WE ASSERT, by virtue of that authority
·that all power belongs to the people—acting through their duly elected representatives


フィリピン AB
ARTICLE II
Section 1. The Philippines is a democratic and republican State. Sovereignty resides in the people and all government authority emanates from them.

ポーランド B
Article 4
(1) Supreme power in the Republic of Poland shall be vested in the Nation.
(2) The Nation shall exercise such power directly or through their representatives.

ポルトガル A
Article 3 Sovereignty and Legality
(1) Sovereignty, one and indivisible, rests with the people, who exercise it in accordance with the forms laid down in the Constitution.

カタール D

ルーマニア A
Article 2 [Popular Sovereignty]
(1) National sovereignty resides with the Romanian people, who shall exercise it through its representative bodies and by referendum.

ロシア AB
Article 3 [The Multinational People]
(1) The multinational people of the Russian Federation is the vehicle of sovereignty and the only source of power in the Russian Federation.

ルワンダ AB
Article 6 [Sovereignty]
(1) All power shall originate from the Nation.
(2) National sovereignty shall belong to the people of Rwanda which shall exercise it through representatives or by means of referendum.

サウジアラビア D
シンガポール D

スロヴァキア B
Article 2
(1) State power is derived from citizens, who execute it through their elected representatives or directly.

スロヴェニア B
Article 3 [Self-Determination, Sovereignty]
(2) In Slovenia power is vested in the people. Citizens exercise this power directly and through elections, consistent with the principle of the separation of legislative, executive and judicial powers.

ソマリア A
Article 1: The State of the Republic of Somaliland
2. Sovereignty resides in the people who shall exercise it in accordance with the Constitution and other laws.


南アフリカ D

スリランカ A
Sovereignty of the People.
3. In the Republic of Sri Lanka sovereignty is in the people and is inalienable. Sovereignty includes the powers of government, fundamental rights and the franchise.

スーダン A
Article 4
Supremacy and Sovereignty
God, the creator of all people, is supreme over the State and sovereignty is delegated to the people of Sudan by succession, to be practiced as worship to God, performing his trust, developing the homeland, and spreading justice, freedom and shura in accordance with the Constitution and laws.


シリア A
Article 2 [Republic, Sovereignty]
(2) Sovereignty is vested in the people, who exercise it in accordance with this Constitution.

韓国 AB
Article 1 [Democracy]
(2) The sovereignty of the Republic of Korea resides in the people, and all state authority emanates from the people.

スペイン AB
Article 1 [State Principles, Sovereignty, Form]
(2) National sovereignty belongs to the Spanish people from whom emanate the powers of the state.

スウェーデン B
Article 1
(1) All public power in Sweden proceeds from the people.

スイス D(連邦制のため、各州[カントン]に主権を置いている)
Article 3 Cantons
The Cantons are sovereign insofar as their sovereignty is not limited by the Federal Constitution; they exercise all rights not transferred to the Federation.

台湾 A
Article 2
The sovereignty of the Republic of China shall reside in the whole body of citizens.

タジキスタン AB
Article 6
In Tajikistan, the people are the possessors of the sovereignty and are the only source of state power, which is exercised both directly and also through the people's representatives.

チュニジア A
Article 3 [Sovereignty]
The sovereignty belongs to the Tunisian poople who exercise it in conformity with the Constitution.

トルコ A
Article 6 Sovereignty
(1) Sovereignty is vested in the nation without reservation or condition.

ウガンダ C
THE PREAMBLE

.....
Exercising our sovereign and inalienable right to determine the form of governance for our country, and having fully participated in the Constitution-making process;


ウクライナ AB
Article 5
* The people are the bearers of sovereignty and the only source of power in Ukraine. The people exercise power directly and through bodies of state power and bodies of local self-government.


アメリカ D

ウズベキスタン
Art. 7
The people are the sole source of state power.

ベトナム B
Article 2 [Law Governance, People's State, State Powers]
(1) The Socialist Republic of Vietnam State is a law governed socialist State of the people, by the people and for the people. All State powers belong to the people and are based on the alliance between the working class, the peasantry and the intelligentsia.

イエメン B
Article 4
Power rests with the people who is the source of all powers. The people shall exercise its power directly through referenda and general elections, and indirectly through legislative, executive, and judicial bodies and also through elected local councils.

ザンビア D
ジンバブエ D
-----
集計すると、

Aグループ (30カ国):
アフガニスタン、アルバニア、アンゴラ、バーレーン、ブータン、コンゴ、クロアチア、エジプト、エチオピア、フランス、
ギリシャ、イタリア、ラトビア、リビア、リトアニア、マケドニア、マダガスカル、モルドバ、モロッコ、ネパール、
パラグァイ、ポルトガル、ルーマニア、ソマリア、スリランカ、スーダン、シリア、台湾、チュニジア、トルコ

Bグループ (24カ国):
アルメニア、オーストリア、バングラデシュ、ベラルーシ、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、チェチェン、中国、チェコ、
エストニア、フィンランド、グルジア、インドネシア、リベリア、モンゴル、ナミビア、ポーランド、スロヴァキア、スロヴェニア、
スウェーデン、ウズベキスタン、ベトナム、イエメン

AB(両方を含む)グループ (14カ国):
アルジェリア、アゼルバイジャン、キューバ、ハンガリー、クウェート、モーリタニア、メキシコ、フィリピン、ロシア、ルワンダ、韓国、スペイン、タジキスタン、ウクライナ

Cグループ (6カ国):
インド、イラク(日本と似ている)、アイルランド、日本(前文)、レバノン(前文)、ミクロネシア(前文)、ウガンダ(前文)

Dグループ (30カ国):
アルゼンチン、オーストラリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、カンボジア、カナダ、キプロス、デンマーク、フィジー、アイスランド、イラン、
イスラエル、ケニア、ルクセンブルグ、マレーシア、マルタ、ミャンマー、オランダ、ニュージーランド、ナイジェリア、北朝鮮、
ノルウェー、オマーン、カタール、パキスタン、サウジアラビア、シンガポール、南アフリカ、スイス、アメリカ、ザンビア、ジンバブエ
[PR]

# by shiryouko | 2007-05-27 08:43 | 主権

ユネスコ学習権宣言
「学習権」を位置づけた、第4回ユネスコ国際成人教育会議の文章は以下で読めます

http://aug.aft.to/kyouiku/kihonhou1-7.htm

「学習権は、基本的人権であり、経済活動のたんなる手段でもなく、歴史をつくる主体」だというところは注目である。【白崎】
[PR]

# by shiryouko | 2006-08-22 14:27 | 教育

「人にされて嫌なことは人にするな」
下記はカナダのサイトですが、「人にされて嫌なことは人にするな」という基本戒律は日本の神道をふくめて世界の21の主要宗教のすべてに見られることが指摘され、その文言が引用されています。 
http://www.religioustolerance.org/reciproc.htm

一部、サイトの内容に間違いがあります。ヒンドゥー教の文言として誤って中国の孟子の言葉が引用されています。世界の宗教の中でもヒンドゥー教だけは人間の平等を認めないだけでなく積極的に否定します。生まれ落ちたカーストの序列と差異がすべてなのです。
またキリスト教だけが「人にして欲しいことを人にしなさい」と戒律が肯定形になっていることにも注意して下さい。ここにキリスト教徒が独善的になる原因があります。(関 )
[PR]

# by shiryouko | 2006-06-10 22:46 | 自然法に関して

国連・子どもの権利委員会のコメント、2001、2,8
この「国連・子どもの権利委員会のコメント、2001、2,8」は、大変、面白い内容なのですが、ここでは、世取山洋介氏の仮訳文を、二項までご紹介しておきます。
「子どもの権利条約」の第29条は「教育の目的」ですが、いま(2006年5月段階)、国会で議論されている「教育の目的」という次元とはかなり違うことを主張しているようです。それは、教育目的を「国家」が法定化するものとは異なる解釈です。私は、特にその中の、2の文書に注目します。

そこには、「子どもをエンパワー(元気に)すること」「ライフスキルの提供」「人権を享受する能力の強化」「人権に関する適切な価値を吹き込まれた文化」「子どもをエンパワーすることが目的で、そのような意味の「教育」は正規の学校教育をはるかに超えていく、生活経験と学習のプロセスを含む」 などのような、極めて、興味ぶかい文章があるわけですが、こういうことを議論しながら「公教育」の再生に向けて考えるならば少しは意味はあるのですがーー。

つまり、教育とは、子どもをエンパワーするためのもので、人権ということの価値・文化を享受し促進するために
あるということです。これで、十分なんです。【白崎・記】


全文は、以下でみることができます。

http://homepage2.nifty.com/1234567890987654321/Aims-of-edu_(J).htm

英文は以下です。

http://homepage2.nifty.com/1234567890987654321/Aims-of-Education.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子どもの権利条約 第29条1項
1 締約国は、子どもの教育が次のことを指向すべきことに同意する。
(a) 子どもの人格、才能、ならびに、精神的および身体的能力をその可能最大限度まで発達させること。
(b) 人権および基本的自由ならびに国際連合憲章にうたう原則に対する尊重を発達させること。
(c) 子どもの父母、子ども自身の文化的アイデンティティ、言語および価値、子どもの居住国および出身国の国民的価値観、ならびに自己の文明と異なる文明に対する尊重を発達させること。
(d) 理解、平和、寛容、および両性の平等に関する精神、ならびに、すべての人民、民族的、国民的、宗教的集団、および先住民の間の友好の精神に従い、自由な社会における責任ある生活のために子どもを準備させること。
(e) 自然環境に対する尊重を発達させること。

--------------------------------------------------------------------------------

一般的注釈1(2001):教育の目的

(a)第29条1項の意義

1. 条約29条1項の重要性は広範囲にわたる。本条項に定められ、すべての締約国によって合意された教育の目的は、本条約の本質的な価値、すなわち、あらゆる子どもが生まれながらに有している人間としての尊厳および平等かつ不可侵の権利を促進し、援助し、かつ保護する。

 条約29条1項の5つの号に定められているこれらのすべての目的は、発達に関する子どもの特別のニーズおよび子どもの発達しつつある多様な能力を考慮するものであり、子どもの人間としての尊厳および子どもの権利の実現と直接に結びついている。これらの目的とは、人権に対する尊重の発達(29条1項(b))、アイデンティティおよび帰属(affiliation)に関する感覚の強化(29 条1項(c))、子どもの社
会化および他者との主体的交流(interaction)(29条1項(d))、および子どもの環境との主体的交流(29条1 項(e))を含む子どもの可能性すべての全面的な発達(29条1項
(a))である。

2. 29条1項は、28条において認められている教育に関する権利を、子どもの権利および子ども固有の尊厳を実現する質的内容によって補充するだけでない。本条項は、教育が子ども中心的なもの、子どもに役立つもの、および子どもをエンパワーするものである必要性を強調する。さらに、教育のプロセスが、29条1項に表明されているまさにその原則に基づく必要性を強調する(1)。

 あらゆる子どもが権利を有する教育は、子どもにライフ・スキルを提供し、すべての範囲の人権を享受する子どもの能力を強化し、かつ、人権に関する適切な価値を吹きこまれた文化を促進するよう設計(design)されたものである。子どものスキル、学習能力、その他の能力、人間としての尊厳、および自尊心と自信を発達させることにより、子どもをエンパワーすることが目的なのである。

 このような意味の「教育」は、正規の学校教育をはるかに超えて、その人格および才能と能力を発達させ、かつ、社会において十全かつ満足のいく生活を送ることを子ども個人および子ども集団に可能とする広い範囲にわたる生活経験と学習のプロセスを含むのである。
[PR]

# by shiryouko | 2006-06-08 09:51 | 教育

韓国旧憲法集サイト
近現代の韓国の憲法資料サイトです。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/9133/
[PR]

# by shiryouko | 2006-03-30 15:15 | 各国の憲法集

アイスランド共和国の歴史
九世紀に生まれた世界最古の本格的共和国アイスランドの歴史のサイトです。
アイスランド観光協会によるものです。


http://www.iceland-kankobunka.jp/gnrl/info/history/althing.htm

[PR]

# by shiryouko | 2006-03-30 14:55 | 政治体制・天皇制

世界の国歌の日本語訳歌詞
 国によっては音源もリンクされている便利なサイト。やはりミクロネシア連邦国歌は憲法前文を歌詞にしていたことが判明!

http://members.at.infoseek.co.jp/inouen/anthem/word/
[PR]

# by shiryouko | 2006-03-14 09:30 | リンク集

巡回首都制
ルソーの「社会契約論」から巡回首都制
についての箇所を引用しておきます。

「さて大国に抵抗するに足る力を小国に与えるにはどうしたらよいのか。かってギリ
シアの諸都市がペルシアの大王に抵抗したように、また最近の例ではオランダやスイ
スがオーストリア王家に抵抗したようにすればよい。(都市同盟のこと=関曠野)
 だが国家を適当な限界内にとどめておくことができない場合でも、まだ一つの方策
が残されている。それは、断じて首都の存在を許さないことである。すなわち、各都
市を順番に政府の所在地としてゆき、またそこで代わる代わる三部会(当時の
国会のことー関曠野)を召集することである」(「社会契約論」第三編第十三章)。

*上記は、時代塾MLの議論のなかで、提案されていた「首都持ち回り」制度のアイディアの内容である。「東京時代」と定義できる日本近・現代史の東京一極集中を憲法においても是正しなければならない。[白崎]
[PR]

# by shiryouko | 2006-01-10 21:33 | 都市

スイス民間防衛に学ぶ、何を守るのか
 スイス憲法第6編、第1章 改正の冒頭に、
 第192条
1 連邦憲法は、何時でも、その全部または一部を改正することができる。
とあります。
 憲法に限らず「制度」にたいするスイスの姿勢が「民間防衛」の第1章「平和」のなかの「国家がうまく機能するために」に書かれています。

 以下に、省略をいれて要約紹介します。
 
 スイスの過去には過失もあった。過失を認めるは将来をはっきり見通すために必要である。過失の一つに、われわれの祖先による近隣諸国への侵略と征服、それがもたらした破滅の危機がある。
 その破滅の危機を充分に理解して、侵略戦争を放棄した。
 この賢明さによって平和がもたらされた。平和を守り続けることによって、世代から世代にわたって国民の期待にこたえる国を、石を一つづつ積んでいくように建設することができたのである。
 完全な国をつくるためには、常に手を加えなければならない。

 わが民主主義の真価は、絶えず必要な改革を促すことである。どのような制度も、生きものと同じように、それ自体の生命力によって変化することからのがれるわけにはいかない。
 (中略)

 国民や、国民を代表する議員が、常に注意深く制度を見守ることは、どうしても必要である。
 この注意深く見守ることによって、制度の改革が求められてくる。それは改革であって、めくら滅法の破壊ではない。革命は、しばしば、益よりも害となる。
 (中略)

 権力が、ある個人に集中し、抑圧された人々が、その独裁者を追放するために立ち上がるほかなくなったときに、革命が必要となる。

  民主主義は、何も生み出さないでじっとしていることと、破壊的に
  転覆することとの間に通じる、狭い、山の背のような道を、用心深
  くたどらねばならない。

 各人の義務は、この法則に従って生き生きと生きることである。
 公の問題に無関心であることは、この義務に忠実でないことを意味する。
 (中略)

 法は、われわれすべてを拘束するが、われわれを守るものでもある。
 われわれも法の制定に参加せねばならない。もし、制度の改善のために何もせず、共同体の管理に参加しないならば、自分たちの制度について不平を言う資格はない。

 以上引用終わり

 スイス憲法第193条(全面改正)には、国民による憲法改正が決められてます。
 1 連邦憲法の全面改正は、人民または連邦議会のいずれか一つが提案し、もしくは、連邦議会が決定することができる。
 (注 スイスの連邦議会は国民院とカントン院の二院制です)
 2 国民によるイニシアティブが出され、または、両院が一致しなかった場合には、国民が、全面改正を成就させるかどうかを決定する。

 日本の場合、制度の改善のために参加することはできるだろうか?
 残業や休日出勤を(自発的に)強要される人々、学校だけでは許してもらえず夜間、休日に塾に通わされたり、クラブやサークルに駆り立てられる子ども達。
 いまの日本では、「国家がうまく機能する」ためには「怠ける権利」の確立が急がれる所以です。
[PR]

# by shiryouko | 2006-01-04 19:22 | 安全保障

主権者をめぐる、これまでの議論
Commented by 松本和志
 だれが国民かを規定するのが国籍法、国籍法を運用するのが政府(国家)、と考えると、じつは「国民主権=国家主権」に他ならない、ということになりますね。
 あと、英語版の日本国憲法を見ると、前文や第1条のpeopleも第10条のnationalsも日本語版では「国民」になってしまっています。単なるニュアンスの違いでは済まない重大なズレが双方の間に存在することになります。
 外からは(英語版)人民主権に見え、内に対しては(日本語版)国家主権として働くように「国民主権」なる言葉を選んだのでは?という気さえします。
 東京都の在日外国人職員に対する国籍による差別も、最高裁判決では「国民主権」の名のもとに正当化されました。しかし、英語版日本国憲法第14条では「All of the people」の差別を禁じているので、英語版に照らせば違憲ということになります。
Commented by 鏡 豊
 マッカーサー草案第16条は交渉にあたった日本側が削除しています。
 現行憲法第10条は明治憲法第18條を蒸し返したものです。
 マッカーサー草案を日本用に直したのは明治官僚ですから、ネイション・ステイトを構成するナショナルという発想はなく、あくまで「臣民」のまま言葉だけ「国民」にしたのでしょう。
Commented by 白崎一裕
 国家の法に従う者が国民であり、その法を制限する上位の存在としての権力の出所としての「人民」ということになりそうですが、この前後の社会契約論の文章は、翻訳では、かなり難解といえます。
Commented by 鏡 豊
 マッカーサー草案第16条削除についてのひとつの説明は、「世界人権宣言と日本国憲法」ブログのカテゴリー第2条「差別の禁止」に挙げておきましたジョン・ダワー「増補版 敗北を抱きしめて」(岩波書店2004年1月翻訳 下巻159頁)があります。
Commented by 鏡 豊
 古関彰一「新憲法の誕生」(中公文庫1995年 p・187〜)は以下の書き方です。(以下引用)
 上の二つの引用から二つのことが大切だと思いました。
・国際人権法の国内法への優位を強調すること。
・国際法一般とすると「国連越境組織犯罪防止条約(2000年12月署名)の批准での「共謀罪」の正当化などの駆け引きに引きずられる。
Commented by 上田
 日本国憲法上に現れた《ひと》に関連する言葉の回数を数えた結果を投稿しておきますね。
 人間1回
 人類2回
 外国人0回
 何人19回
 国民41回
Commented by 松本和志
 たしか、かつて日本の学校教科書では「主権在民」の語が使われていたはずです。
 上田さんのようにきちんと数えた方がいいのですが・・・
 義務をさらに「国家の国民に対する義務」と「国民の国家に対する義務」に分けた場合、日本国憲法では、前者はただ一回、25条の生存権規定にしか出てきません。オランダ憲法(後者がゼロ、前者が4回、責務も含めると7回)などとは正反対です。
Commented by 白崎一裕
 権利と義務に関しては、世界人権宣言の第29条の1をめぐって議論してみると良いかもしれません。
Commented by 鏡 豊
 遅ればせながら「国籍法」を見てみました。
 やはり、「国家法」によって「国」そのものを決めないと国民も決まらない、というわけの分からない状態のようです。
[PR]

# by shiryouko | 2006-01-03 15:57 | 主権

日本国憲法第24条をめぐる、これまでの議論
Commented by 松本和志
 私的な事柄だから、ということなのかオランダの憲法には婚姻に関する条文が全くありません。そのかわり、第1条は「あらゆる差別の禁止」です。労働における差別を重視した方がよい、という浜島さんの提案に賛成です。
Commented by アライ=ヒロユキ
 現憲法に関して言えば、「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し」は同性愛を明らかに想定していないので変えるべきだと思います。恋愛は異性の1対1だけでなく、多様な関係があると思うので憲法で規定するのは良くないのかもしれません。相続(控除)の問題は婚姻ではなく、世帯のあり方から見つめ直す必要があるように思います。
Commented by 関 曠野
 結論から言えば憲法に個人の自由平等尊厳がはっきり規定されていればいい、憲法で結婚や家族の在り方を規定するのは余計というのが私の考えです。夫婦の財産をどうするかといったことは民法に決めてもらえばいいのです。
 このMLで私は法と習俗の違いに何度か言及してきました。結婚は習俗に属し、戦後日本の結婚の在り方も24条ではなく習俗の変化によって変わってきました。Commented by 白崎一裕
女子差別撤廃条約が国内法となれば、わざわざ、24条のような文言は必要なくなります。ただ、私としては、他者の人権尊重の義務ということからいって、
「人間の責任に関する世界宣言」の第16条の文言は尊重したいと思います。
Commented by 松本和志
 日本の国情に鑑みて男女平等条項を特に強調した方が良いと思われる場合は、一般的な平等や差別禁止の条文の上に、さらに念を押す形で男女平等を載せてもよいと思います。カナダ憲法などはその好例です。ただその場合でも、現行24条のように男女平等の領域や同性婚のような権利を狭めるようなものであってはならないのは、もちろんです。
Commented by 鏡 豊
 憲法24条は「家族生活」という見出しをつけられることがあるにもかかわらず、「子ども」のことが書いてありません。
 なお、子ども権利条約第5条を読むと、「家族」という枠で何を考えるべきか、すこしはっきりするかもしれません。
[PR]

# by shiryouko | 2006-01-03 15:48 | 性の平等

立法府の構成をめぐる、これまでの議論
Commented by 松本和志
第一院:陪審員などのような、無作為の抽選による代表者
第二院:比例代表による小選挙区制選挙による代表者
 から構成するのが良いのではないでしょうか。
Commented by 白崎一裕
 ドイツ連邦共和国憲法第56条のように、大統領は、人格的な象徴を意味するもの、そして、法の意味合いを明確にするもの、として位置づけられるべきではないでしょうか。
Commented by 松本和志
オランダ王国憲法 第32条
 ドイツ大統領の役割は、立憲制下の王と非常に似ていると思います。つまり法の支配に服する国家を人格として体現する、という。
Commented by 白崎一裕
現行憲法第99条には、天皇の憲法に関する「尊重・擁護」義務が書いてあります。でも4条では「国政に関する権能を有しない」のですから、「何の義務?」ということになります。これも、ちぐはぐの一例ですね。
Commented by 鏡 豊
 自治連邦共和制をめざすならば、衆議院と「自治圏代表者会議」の二院制度のほうが、筋が通っているように思えます。
Commented by 鏡 豊
 米国政府と日本の外務省や防衛庁の役人が約束してしまう前に、「自治圏会議」に参加している自治圏代表者に充分な情報・資料を提供し、各代表者は自治圏議会で議論し、その自治圏議会で公開・公平・公然の議論をする。
Commented by 松本和志
 鏡さん、これはスイスの連邦制に近いやり方ですね。しかし現在のように都道府県首長の半数以上を元自治省官僚が占めたりしないためには、自治に関する条項の整備が必要でしょうね。
Commented by 白崎一裕
 いまの二院制は、なんのための二院制か趣旨がよくわかりません。スイスは、国民代表の「国民院」とカントン代表の「全邦院」の二つがあるようですが、こういう形式も一案だと思います。関さんのご提案の抽選は良い考えだと思います。すくなくともひとつの議会は、健全なアマチュアリズムの政治の風が吹くようにしたいもんです。
 自由民権時の私擬憲法案の中には、三院制というプランもあったようすが、これも、場合によっては検討に値するかもしれません。
Commented by 松本和志
 三院制の場合、意見が分かれたら多数決(2対1)で決めるのかな?
Commented by 鏡 豊
 そもそも政党が「階級」を代表していない日本の現状から出発するなら、投票というよそよそしい制度を「抽選」によって身近にする(自分が当るかもしれない)ことが、もっとも重要かも知れません。
[PR]

# by shiryouko | 2006-01-03 15:40 | 政治体制・天皇制

資料 世界の現行憲法と平和主義条項
研究者 西修氏の論文です。

あくまで、ご参考まで。日本が世界に誇る「9条」というフレーズを相対化するには参考になります。[白崎]


こちらから読めます。
[PR]

# by shiryouko | 2006-01-02 23:46 | 安全保障

教育に関する憲法条文を論ずる原則について
 以下の項目は、時代塾MLで教育基本法に関して論じていた中で、関曠野さんが改革の基本線をまとめたものです。
 改憲フォーラムで、教育関係の条文を議論する参考として転載しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)教育基本法は戦後版教育勅語として廃止。
2)子どもの権利条約の精神を踏まえ、教育は子供自身のためにあることを原則とする。
3)教育と学校の自治を促進。教育方針は公立校でも学校毎に違ってよい。教育は子
供、教師、親、地域社会の協力によって成立するものであることを認識し、教育委員
を公選制にする。
4)ただし教師が親と教育委員のいいなりになるようでは困る。教育は後者が教師に委託したものであることを認めた上で「教師憲章」を制定、個々の教師および学校に自主的な教育を行なう権利を保証する。
5)ゆえに教師と親が対立する場合もありうるので、教育委員会に係争の審判部門を設ける。

 これに加えて、高校レベルまでの新卒の就職は、個々の学校ではなく自治体に責任をもたせるべきだと考えます。これはフリーターやニートに関する問題に対処する上でも効果的でしょう。とくにフリーターやニートの多くには将来、環境保全や福祉関係の仕事に就いてもらう可能性があるので自治体の関与がなおさら必要だと思います。

ーーーーーーーー転載・以上ーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

# by shiryouko | 2006-01-01 17:04 | 教育

ナショナル・シリアル(名護さん発題)
 リチャード・ゴットという人の「ヒューゴ・シャベス」という本を見ていたら、憲法制定の話が出てきました。その中で興味をひかれたのは、米[コメ]をベネズエラのナショナル・シリアル(穀物)として規定しようとしたということです。

 実際、憲法上の条文として実現したのかどうかは知りませんが、勿論これは国民の食の好みを統制しようとしたわけではありません。輸入食糧に対して自給率を高めるという意味合いもあったでしょうが、それとともに米はベネズエラの風土に根ざした穀物であり米を国民食とすることによってベネズエラの風土を守ろうという意味が強かったものと思われます。

 こうしてみると日本の現状とも無関係ではいられません。稲作儀礼の祭司という側面も持っている天皇を象徴として仰ぎながら、日本の農村風景は次々とファースト風土化されつつあり、そのあげく日本の伝統的景観が損なわれているだけでなく都市郊外型の犯罪の温床になりつつある、というように日本人のモラル上の問題にもなってきつつあります。

 このような中で天皇よりも米を日本の象徴(ナショナルシリアル)とする方がよほど日本の風土と伝統に根ざした条項になるようにも見えます。

 勿論、憲法で人びとの食生活まで規定する必要があるのかという批判があるのは承知です。しかし憲法論議を人びとの生活に根ざしたものとする為には、憲法論としてこんなことまで論じてもいいんだという事例は貴重だと思います。

(白崎さんのコメント)
 チャベスの演説では、食糧の自給についての発言が多々みられますが、憲法的には、「環境権」について、国家の義務を厳しく定めているようです。たとえば、多様な生態系や種の保存、国立公園などの保護ですね。これらのことは、もちろん、改憲論議でも大いに学ぶべきでしょう。
[PR]

# by shiryouko | 2005-12-14 09:50 | 日本の国柄

なぜ日米安保が必要なのか(関 曠野)
 東西冷戦はとっくに終ったのになぜ未だに日米安保が必要なのか、私には理解できません。また安保が必要な理由を客観的な資料に基づいて明快に論理的に論じた議論も見たことがありません。

 横須賀市では原子力空母の寄港に市をあげて反対で、35万人の市民が反対の署名をしました。しかし地元の民主党や社民党の議員はアメリカで政府や議会の関係者に会って「原子力空母だから反対。通常型なら歓迎」と言っている。なぜ通常型なら外国の空母を歓迎するのか。訳が分かりません。

 在日米軍は極東の安定、安全に寄与しているというセリフを耳にします。その場合は、北朝鮮と中国が危険な国とされているのでしょう。そこで両国の危険さ、およびこれもよくきくシーレーン防衛なるものについて考えてみます。

北朝鮮:
1)たとえ北が核ミサイルを数発所有していたとしても福井県程度の国力で戦闘機や戦車の燃料もロクにない北に日韓両国を軍事的に敗北させる能力はあるでしょうか。また攻撃にどんな利益があるのでしょうか。
2)もし北が侵略的な国だとしたら朝鮮戦争の再発で国土がまっ先に戦場になる筈の韓国がむしろ北との和解を進めているのはなぜでしょうか。
3)在日米軍がいるから北から守られているのでしょうか。かりに北の脅威を仮定しても韓国軍は戦力で北を圧倒しており、時々起きる衝突でも北はいつも負けています。

中国:
1)戦後の中国を軍事の面から振り返ってみます。まず朝鮮戦争への中国軍の介入は、前年に成立したばかりの自国の政権を防衛するためのものだったことは明らかです。
2)その後、インドやロシアと国境をめぐる軍事衝突がありました。これは喧嘩両成敗みたいなもので、現在は両国と和解しています。
3)1979年の二月のベトナムを一方的に攻撃しました。その直前の一月に米中和解が成立しています。旧ソ連は同盟国が自主的な動きを見せると制限主権論でハンガリーやチェコに軍事介入してきました。トウ小平は米中和解でソ連軍が侵攻してくる恐れがあるとみて、ソ連の意志を試すリトマステストとして親ソ的なベトナムを攻撃した訳です。とんでもないことではある。しかし中越戦争は侵略戦争とは言えません。
4)現在の中国は信望のあるソフトパワーとしての影響力の拡大を図っており、東南アジア諸国と領有権で揉めている南沙諸島でも低姿勢です。
5)増大するエネルギー需要が中国に軍事大国路線をとらせるという見方がある。しかし大戦前のブロック経済の時代では日独は軍事力による原油確保に走ったけれども、今のグローバル化の時代には市場でいくらでも原油を買える。しかも中国は外貨準備ではトップクラスの国です。
6)中国は膨張主義どころか、国家の統一が危うい国です。独立したら戦争を辞さないと台湾を脅すのは、もし台湾が正式に独立したら、中国各地で分離独立運動が一斉に発生しかねないからです。本土に投資してくれる台湾は金の卵で、攻撃の脅しは本音とは思えません。

シーレーン:
1)まず中立国になってしまえば戦時中でも公海でその船舶が攻撃される恐れはなくなるので、シーレーンなど考える必要はなくなる。まあ臨検などはあるでしょが。
2)大戦後にはイラン=イラク戦争の余波でホルムズ海峡の航行が危険になるといったことはありましたが、どこかの好戦的な国が国際的シーレーンを脅かしたといった例はありません。
3)もし台湾海峡が有事になり日本がアメリカと共に軍事介入したら、日本の船舶が中国の潜水艦の標的になることもありうる。でもこれはアメリカの手下になった日本の自業自得です。
4)シーレーンの脅威として実際にありうるのは、マラッカ海峡などでのイスラム過激派のモーターボートによる特攻攻撃です。これはゲリラなので海軍力では解決できません。
5)むしろ本当の脅威は、日本が安い外国の船と船員に頼って自国の商船隊がゼロに近いいびつな海洋国であることです。もしイスラム過激派が日本向けの船舶を無差別攻撃すると宣言したら、日本に物資を運んでくれる外国船は見つからず、この国は原油も食糧もなくなって国家的崩壊状態に陥るでしょう。
[PR]

# by shiryouko | 2005-12-11 07:39 | 安全保障

生存権について[討論ブログ・白崎さん発題]
生存権について、障害者の方と以下の議論をしました。

 生存権を保障していない国の憲法で有名なのは、アメリカ合衆国憲法です。アメリカ憲法には、そもそも社会権の観念がありません。それから、福祉でよく話題に出される、スウェーデンやデンマークはどうでしょう。これも日本国憲法の生存権とは一味違っています。たとえば、スウェーデン統治法典第二条4項ですが、

4 公共機関は、社会のあらゆる分野における指針としての民主主義の理念を尊重し、および国民の私生活および家族生活を保護しなければならない。
 公共機関は、すべての人が、社会生活における参加と平等のための機会が得られるように努めなければならない。
 公共機関は、性、皮膚の色、国籍または人種、言語または宗教的帰属、障害、性的志向、年齢その他個人的事由に基づく差別と闘わなければならない。

 というようなことで、「平等権」のニュアンスが強いです。

 デンマーク憲法は75条二項で、「自己またはその扶養者の生活を維持することができない者は、ほかにその扶養に任ずるものがない場合、公的扶助を受けることができる。----」

 とあります。これは、公的扶助(所得保障)のことですね。

 日本の生存権は、マッカーサー憲法草案にかかわったベアテ・シロタがいろいろワイマール憲法などをひっくり返して原案をつくったのですが、最初の彼女の案は、国連憲章や国際労働機関基準など国際法を意識した具体的なものでした。それが、あとで、削られていまのようになりました。

 私見ですが、「健康で文化的な最低限度の生活」というのは、行政に恣意的な解釈をさせる問題の多い文言だと思われます。「最低限度」という文言をはずして、世界人権宣言や国際人権規約(国際法基準)のような「人間の尊厳ある生活」とかいう文言に変えて、そして、スウェーデンのように、公的機関に差別と闘う義務を課す規定も設けてもっと厳密にすべきです。あいまいなで、パターナリズム的(温情主義)な生存権規定は政治的な「道具」として利用されてしまいます。
[PR]

# by shiryouko | 2005-12-09 07:55 | 障害者・高齢者

共和主義と民主制、また連邦制について(関曠野)
 共和主義と民主主義は区別しておく必要があります。日本では君主がいなければ共和制と皮相に理解されていることが多い。しかし共和主義はそれだけのものではない。

 現代の民主主義は議会制民主主義です。しかし議会と選挙だけを基準にするなら、ヒトラーも選挙で選ばれたのだし、企業献金による金権選挙でも民主的だということになる。

 これに対し共和主義は、公の論理です。公然、公開、公平という公が実現していること、公=人民の公論ということが社会に広く理解されていること、そうした公に基づいて法が立法され適用されていること。この公と法が共和制の論理なので、これは議会制民主主義とイコールではありません。

 してみると戦後日本には共和なき民主主義があったと言える。それは象徴天皇制が公を横領してしまったからです。
 今アメリカでブッシュ批判が高まっていますが、これはブッシュによる欺瞞、秘密主義が問題にされているので、公の論理による共和主義的な批判と言えるでしょう。

 また連邦主義は共和主義から出てきたもので、個人の自由の尊重に由来するものです。

 まずヨーロッパではオランダとスイスという連邦制の自由な小共和国があった。その実例を踏まえてモンテスキューやルソーが連邦主義を説きました。
 大国は国をまとめるのが大変なので権力が専制的になりやすい。そして国民も政治的に卑屈になったり無関心になったりする。小国なら治めるのが簡単なので共和制にして市民に自由を認めても国が乱れる心配はない。そこから小国だけが自由で民主的な共和国でありうるということになる。
 では大国をできるだけ自由で民主的な国にするにはどうすればいいか。それには、大国を分割して小国の連合として再組織すればいい。

 このように連邦主義は個人の自由を実現するための国家の適切なサイズという問題から出てきたので、共和主義の副産物です。

*時代塾MLへの関さんの複数の投稿を、ご了承をいただいて編集したものです。[松本]*
[PR]

# by shiryouko | 2005-12-09 07:31 | 政治体制・天皇制

大韓民国憲法 第73条【外交、宣戦、講和権】
第73条 
 大統領は、条約を締結し、批准し、外交使節を信任し、接受し、又は派遣し、宣戦布告及び講和を行う。
[PR]

# by shiryouko | 2005-11-21 21:41 | 安全保障

大韓民国憲法 第39条【国防の義務、兵役義務】
第39条
1 すベて国民は、法律が定めるところにより、国防の義務を負う。
2 何人も、兵役義務の履行により、不利益な処遇を受けない
[PR]

# by shiryouko | 2005-11-21 21:32 | 安全保障

歴史の学び方について—「近現代史論争」の混迷を超える
関曠野著
窓社 Xシリーズ
ISBN: 4943983987
1997/07
¥1,260 (税込)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4943983987/249-0788849-6858713?SubscriptionId=18SW0XNXAF6TQMS0KA02
*歴史教育の問題から出発し、自然法や共和制を一巡りして市民改憲の提言に至る。改憲フォーラムの思想的な背骨をなす本の一つといえる。[松本・記]

「法は実力と道徳のせめぎ合いの上に成立している。そして法の歴史は、最大限の力と最小限の道徳から最小限の力と最大限の道徳への、たゆみなく辛抱強い歩みを証言している。法の歴史は、力から道徳への人類の教育課程にほかならない。力による裏づけなしには、法は効力をもたない。しかし法を法たらしめているのは、いつの日か人類は力ではなく道徳によって社会秩序を維持するに至るであろうという希望なのだ。法とは、この希望の別の名なのである。」
(p22より引用)[白崎・記]

[PR]

# by shiryouko | 2005-11-19 13:10 | 参考文献

軍事力をめぐる時代塾の議論
[関]
1)軍というものをどう考えるか
2)日本国にとって国防とは何か
3)自衛隊をどうするか
 ーについて討論を始めることを要請したいと思います。
--------------------
[鏡]
 日本の明治期からの動きで有名な言葉は「利益線」と「生命線」であり、この線は「解釈改憲」どうよう動いてしまいます。・・・
 そこで「自衛」とか「防衛」という場合に、なにを「自衛、防衛」するのか、どのように防衛するのか、を個別の法ではなく、憲法議論に際し行うべきか?は議論しておいてもいいと、思います。
------------------
[松本]
軍隊(ないしそれに類する組織)の機能として、
1、戦争を行なう(侵略と防衛の線引きは果たしてできるのか?は措くとして)
 あ、侵略戦争
 い、自衛戦争
2、国土を防衛する(1と同一視しないこと。防衛=戦争とは限らない)
 あ、戦争
 い、テロなどの組織的犯罪
3、住民の権利を守る(これも1と混同してはならない)
 あ、交戦状態の時
 い、自然災害などの時
 う、その他のパニック時(食糧難とか石油ショックとかドル暴落とか)
4、国際法秩序を守る
 あ、国連の平和維持活動や国際協力活動
 い、在外邦人の保護

 などがあるが、ここで問題外なのは1-あ、4-い(侵略戦争の口実に使われることが多い)。残った機能に関して、どのような組織によるどのような活動が有効なのか。

 軍隊の目的が国土防衛と住民の人権擁護だけだとすれば、それは消防庁の管轄で良いのではないか。
------------
[白崎]
 私も、国内の自衛ということを考えたときには、上記のイメージです。私の住んでいる地域も、ムラの消防団があって地域の人が自治会として参加しています。火災や水害などがあると専門集団の消防と共に活動します。つい最近までの自治会消防団長は、地元の酒造会社の社長がやっていました。スイスの民間防衛の考えもその延長でしょう。
------------
[関]
1)第二次世界大戦をもって総動員の工業的な国民戦争の時代は終りました。冷戦期の戦争は内戦ないし内戦への同盟国の介入として発生したものです。その冷戦も終り、今の世界で起きているのは軍事ではなく政治によってしか解決しない「紛争」です。世界最強の米軍がイラクで窮地に陥っているのも、そのためです。
2)同盟の時代はもう過去のもの。その中で日本の安全を脅かしているのはアメリカとの同盟です。このままでは米中の衝突に巻き込まれる恐れがある。
3)自衛隊は始めから米軍の補助部隊として作られたので国防には関係がない。これが議論の要になることでしょう。
4)そこで国防といえば鏡さんが言うように「何を守るのか」が議論の根本でなければおかしい。今の日本にマキアベリが守ろうとしたイタリアの都市の文化みたいなものはあるんでしょうか?
5)それはさておいても、日本の国防には戦力は殆ど必要がない筈。中立国になればシーレーンの防衛など気にする必要はなくなる。大戦中でも中立国の船舶が攻撃された例はありません。また日本の地理的位置にはスイスやポーランドのような戦略的価値がない。ただユーラシアをコントロールしたいアメリカにだけ日本列島と沖縄は価値があるのです。
6)だから純粋な国防としては、海上保安庁を沿岸警備隊に、消防庁を国土警備隊に格上げすれば充分でしょう。
7)それでも軍が必要だとすれば、それはあくまで国際協力のためでしょう。
8)そこで急に第九条を評価したら妙に思われるかも知れませんが、自衛隊が憲法の制約で「戦力なき軍隊」を建て前としてきたことは再評価していいかも知れない。戦争がなくなった世界における軍の在り方を先取りし軍の新しいモデルになるという見方もできる。
9)つまり人間的安全保障を原則とする破壊ではなく建設のための軍隊、人道援助と災害出動を基本的使命とする国際協力機構ということです。パキスタンの震災を見てもやはりヘリなど機動と補給の高い能力をもった組織は必要なようです。また治安という点では軽火器ぐらいは持っていていい。そういう軍隊には、戦闘より語学や地域文化の知識、医療活動やNGOと連携できる能力などが要求されると思います。こうした軍のイメージの転換ということをフォーラムの論題にしてもいいのではないでしょうか。
-------------------
[関]
 軍と国防の問題では改憲フォーラムは、1)「何を守るのか」、2)「現代の軍事に
ついて適切な認識を持とう」という二点を議論の柱にしたらいいと思います。

 今の世界で起きているのは軍事ではなく政治によってしか解決しない「紛争」です。
 
先に上記のように書きましたが、ロイター電が英国の軍事問題の第一人者であるルパー
ト.スミス将軍の「実力の効用」という著書を紹介しています。スミス将軍は現在は
引退していますが、湾岸戦争では英軍の機甲部隊を指揮、ユーゴ内戦でも国連軍の総
指揮をした英国きっての軍人です。この本で彼は、国家間の総動員の工業的戦争はヒ
ロシマへの原爆投下で終り、今は冷戦も終って「もう戦争というものはなくなった」
と述べているそうです。そして現代の局地紛争や国家の破綻、テロは従来の軍事力で
は解決しえないことがイラク戦争ではっきりしたと断言している。
 英国の有名な戦略研究所もその年次レポートでこの見解を支持している。そしてス
ミスによれば、アメリカやNATOよりEUの方が国家建設、治安の維持、インフラの再建
などの経験が豊かなので紛争をうまく解決する潜在的能力がある。知的な軍人は皆そ
う考えているんでしょう。今頃になって自衛軍を作ろうなどと言っているどこかのト
ボケタ国は半世紀以上前にタイムスリップしているようですね。
---------------
[新井]
 軍隊というものの本質を変えていく際にポイントとなるのは、自治との関わりを考えることにあるのではないでしょうか。自治の政治の在り方と軍隊を連動させることによって、かなりその毒を除去できるのではないかと考えます。たとえば外征のための軍隊は(国際協力などのケースもありますが)、私見では不要です。日本が連邦制になったとき、統合的な武力を廃止し、警察が建前上そうであるように、自治体(この場合は州)の指揮下に置かれるべきではないでしょうか。
 憲法として考えるなら、「国権の発動とその象徴たる武力と武装組織は永久に放棄する。ただし住民にその存在意義と基盤を置く自衛組織は、各自治体の判断により常設することができる」というようなものが良いと思います。
---------------
[松本]
 考えるべきことは、軍隊は巨大なテクノクラートと既得権益の集団である、ということ。イタリア憲法ではないが、民主的な軍隊、あるいは官僚風味を極力抑えた軍隊とはどんな組織になるのか(一例はスイスの民兵組織や地域の消防団の延長線上にあるような自衛組織)、どこに所属してどうやって維持されるのか、といったことは考えるべきであろう。
[PR]

# by shiryouko | 2005-11-14 09:33 | 安全保障

自民党改憲案と公共の福祉
◆第3章 国民の権利及び義務
 ●自民党案
 第10条(<日本国民>)日本国民の<要件>は、法律で定める。
 第11条(<基本的人権の享受>)国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与えられる。
 第12条(<国民の責務>)この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力に<よって>、保持しなければならない。国民は、これを濫用してはならないので<あって、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚しつつ>、常に<公益及び公の秩序に反しないように自由を享受し、権利を行使する責務を負う。>
 第13条(<個人の尊重等>)すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、<公益及び公の秩序>に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


上記は、新しい自民党の改憲案であるが、これは、現行憲法には、「権利ばかり書いてあり、義務がない」という年来の自民党保守派の見解を盛り込んだ形になっている。
これは、現行憲法の「公共の福祉に反しない」という文言に対する批判とも受け取れる。

しかし、下記の資料をみていただきたい。「公共の福祉」に関しては、1949年の丸山真男らによる「公法研究会」において「憲法改正意見」として提出されているものがある。

以下、引用

[第12・13・22・29条]この四つの各条文のなかから「公共の福祉」という言葉を全部削除する。
[理由] ---前略ーーー ところが、この憲法は、この重大な基本的人権の享有に一つの制限を付けている。それが即ち、12・13・22・29条に現れている「公共の福祉」である。つまり「公共の福祉」のためには基本的人権も一定の限界を有するというのである。基本的人権がいくら尊重すべきものであるといっても、他人の迷惑もかまわずにその権利を享有されることはたしかに考慮の余地がある。これを認めるには毫も吝かでない。唯問題なのは、その限界を測る基準が、意味の頗る曖昧な「公共の福祉」という概念に求められたことである。かつて軍閥官僚支配の時代に「滅私奉公」というこれ亦為政者がその内容を自由に解釈しうる漠然たる標語のために、個人の権利が勝手に無視された歴史をもっている我国である。「公共の福祉」という言葉が、再びかっての「滅私奉公」的解釈に利用される惧れがないとはいえない。とくに17・8世紀のプロシア絶対制官僚国家において、この公共の福祉Salus Publica という言葉は、専制君主の便益のために人民の自由を無視し、その財産を
収奪する場合にいつも用いられる常套句であったことを想起する時、民主化の日なお浅い我国でこうした言葉によって基本的人権の限界を示すことは甚だ危険といえよう。基本的人権の極端な主張が、社会になんらかの
危害を及ぼす惧れのある場合は、常に他人の基本的人権を毀損している時である。(中略) その意味において
基本的人権の享有に対する制限も、同じく基本的人権によることとし、「公共の福祉」という如き曖昧な、内に非民主的解釈の余地をのこす言葉は本憲法の根本精神に基づいて、この憲法の箇条から、ことごとく削除することを主張するものである。

上記をみると「公共の福祉」もあいまいである。
まずは、世界人権宣の第29条の一
「すべて人は、その人格の自由かつ完全な発展がその中にあってのみ可能である社会に対して義務を負う。」
という文言を基礎にすべきだと考える。公の秩序などと文言化すべきではない。
【白崎・記】

[PR]

# by shiryouko | 2005-11-13 22:14 | 主権

イタリア共和国憲法 第117条
 イタリア共和国憲法 第117条
3 以下に掲げる事項は、国と州の協力的立法に属する

 農村共同銀行、土地および農業の開発のための州のクレジット制度
[PR]

# by shiryouko | 2005-11-03 23:10 | 農林水産業

ドイツ連邦共和国基本法 第74条 協力的立法分野
ドイツ連邦共和国基本法 第74条
1 協力的(concurrent)立法は、次の分野である。

 十七 農林業生産の振興、食糧の確保、農林業生産物の輸出入、遠洋漁業、沿岸漁業および沿岸保護

 十八 土地取引、土地法(開発負担金徴収の権利を除く)、農業小作制度、住宅制度ならびに土地開発および定住制度

 二〇 食料品、嗜好品、生活必需品、飼料、および農林業の種苗の取引、植物の病虫害からの保護ならびに動物保護
[PR]

# by shiryouko | 2005-11-03 23:04 | 農林水産業

スペイン憲法第148条1項7,8,10,11 第149条1項19
第148条【自治州の権限】
1 自治州は、次の事項につき、権限を引き受けることができる。
 7 全般的な経済計画に基づく農業および牧畜業。
 8 山岳および森林利用。
 10 自治州の利益にかかわる水力、運河および潅漑の利用に関する計画、建設及び開発。鉱泉水および温泉水。
 11 内水漁業、貝類の採取および養殖、狩猟および河川漁業。


第149条 【国の排他的権限】
1 国は、次の事項につき、排他的な権限を有する。
 19 海洋漁業。但し、この分野の整備につき自治州に付与された権限を妨げない。
[PR]

# by shiryouko | 2005-10-24 15:35 | 農林水産業

カナダ憲法 第15条 【法の下の平等・法の平等保護】
すべての個人は、法の前および法の下において平等であり、差別、とりわけ、人種、出身国または民族的背景、肌の色、宗教、性別、年齢、もしくは精神的または肉体的障害に基づく差別を受けることなく、法の平等な保護および利益を受ける権利を有する。
[PR]

# by shiryouko | 2005-09-22 11:35 | 障害者・高齢者

スイス誓約者同盟の連邦憲法 第8条【法的平等】
2 何人も出生、人種、性、年齢、言語、社会的地位、生活様式、宗教、哲学もしくは政治信条を理由として差別されてはならない。または、身体や知的および精神の障碍を理由として差別されてはならない。
[PR]

# by shiryouko | 2005-09-22 11:11 | 障害者・高齢者

ポーランド共和国憲法 第69条【障害者に対する援助】
障害者には、公的権力が、法律にしたがって、生存を確保し、労働に適応し、社会的コミュニーションをおこなううえでの援助を与える。
[PR]

# by shiryouko | 2005-09-22 11:02 | 障害者・高齢者

ニューズウイーク 1946年10月21日付の憲法制定に関する記事
Newsweek - Yes, but A°c - Oct.21/1946

十月七日、日本の国会はあっけなく、またおとなしく新らしい憲法を採択した。 この日、山崎猛衆院議長は前置きなしに賛同する議員の起立を求めた。  突然のことに面食らった議員は、あちこちで確信のないまま立ち上がり最終的には342人が起立した。そして全員が議場の左に目をやった。 そこには共産党議員四人と無所属議員一人が無表情に前を見たまま座り続けていた。  議長は新憲法法案の可決を宣言した。 フラッシュがたかれ拍手が起こり、そして議長は休会を宣言した。  連合国総司令部が起草した新憲法の採択は、六月二十日に国会に提出されて以来、既定の事実だった。貴族院議員、衆議院議員ともに、疑問を抱いたま賛成投票した。  本誌東京支局長のコンプトン・パケナムは次のように打電してきた。 「議員には何か画期的な事態が起きたことはわかっていたが、それが何かを明確に表現することはできなかった。私が話しかけた一般市民は無関心だった。半数以上が新憲法の成立を知らなかった。 残りの半数は事態に変わりはないと考えている。日本国民でこの憲法を自分たちのために役立てられると期待する人はごく少数だった」

http://www.rose.sannet.ne.jp/nishiha/senso/

*私が上記で引用したニューズウイークの記事もこの、「戦争を語り継ごうーリンク集」というサイトの中にあります。「戦争」など七項目のうち「銃後」をクリックして下さい。そしてずらりと出てきたリンクの中に「手記」というのがあります。戦時中はラジオ少年でその後京大工科に行き、731部隊の秘密なども知っていた人の開戦前夜から高度成長期までの回想記です。そのうち「敗戦から復興までの長い日々」および「復興から講和までの長い日々」の部分には、占領下の日本の状況を伝える当時のニューズウイークの記事の翻訳が添えられています。
 戦後日本のアイデンティティーがこの時期に形成されたことが鮮明に解る興味深い
サイトなので、一読をお薦めします。[関曠野氏の時代塾ML投稿を一部修正の上、転載]*

[PR]

# by shiryouko | 2005-09-21 21:16 | 憲法制定過程